うる星やつら&めぞん一刻の話、サイト運営の話など


by mtg1024

カテゴリ:境界のRINNE( 1 )

d0249465_0441540.jpg



本当に今更なのですが、「境界のリンネ」を初めて読んでみました。
「うる星やつら」→「めぞん一刻」→「らんま1/2」
までは、凄く面白くて、即行でコミックを全巻揃えてました。



しかし、「犬夜叉」の評価が難しかったですね。
もちろん、ストーリー展開、キャラクター設定は好きなのですが
今までのるーみっく作品と比べるとちょとヘビー。
話の展開が他の作品と比べると、飲み込みにくかったです(汗

犬夜叉に似たような展開だった「人魚シリーズ」は短編だったので
結構ハマったのですが(^_^;)


以上の理由で、るーみっくファンとしては情けない話ですが
犬夜叉は20巻あたりで力尽き、いつ続きを読もうか悩んでます。






■第一巻を読んでみた感想
読み始めて、中断せず一気に読むことができました。


【公式】サンデー 境界のRINNE 紹介ページ



タイトルが、RINNEということ事もありますが、主人公は「六道りんね」でしょうか。
第一巻で見た限りでは、今までの大作主人公と異なり非常にクールな印象です。
もちろん、常人ではできない不思議な能力やアイテムを使うのですが、
変に荒っぽさが無くて良いです。



ヒロインの間宮桜も良いですね。
「女らんま」と「かごめ」を足して2で割った感じの印象ですw
こちらも、主人公「りんね」と同じように、クールな印象。
クールというより、幽霊を見慣れているせいか動揺する場面があまりないという・・・



実は、「魂子」さんが一番かわいいんじゃないかと思ってしまった!




あまり長く書くのもあれなので、ストーリー設定やキャラクター設定については、
第2巻の感想でまた書きたいと思います。
[PR]
by mtg1024 | 2011-09-17 01:03 | 境界のRINNE